不動産のリノベーションとは?費用や期間はどのくらいかかる?

不動産のリノベーションとは?費用や期間はどのくらいかかる?

この記事のハイライト
●リノベーションとは、不動産に付加価値(デザイン・機能性の向上など)を与える大規模な改修工事のこと
●リノベーションにかかる費用は、工事プランや設備のグレードなどによって異なる
●一般的な工事にかかる期間は、6か月~7か月が目安とされている

不動産売却を成功させるためには、物件の魅力を少しでも高めることが大切です。
その方法の一つに、リノベーションが挙げられます。
今回はリノベーションとはどのようなものなのか、工事にかかる費用や期間とともにご紹介します。
大阪市で不動産売却をご希望の方は、ぜひチェックしてみてください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産におけるリノベーションとは?

不動産におけるリノベーションとは?

リノベーションとは、不動産に新たな付加価値を与える大規模な改修を意味します。
リノベーションの工事では、おもにデザインや機能性の向上がおこなわれます。
給排水・電気・ガスの配管も刷新し、天井や壁、床の下地部分を新設する工事もリノベーションの一種です。
そのため間取りの変更をともなうような、大規模な工事になることが多くみられます。

古い趣を残したリノベーションもある

リノベーションは、新築のような状態にする工事ばかりではありません。
たとえば古民家のリノベーションでは、あえて古い趣を残した工事がおこなわれることがあります。
古民家ならではの味わいを維持したまま、住居としての機能性をアップすることが可能です。
バリアフリー化や耐震工事など、安全性を向上させるようなリノベーションもあります。

リフォームとの違い

リフォームとは、老朽化した内装や設備を新築時の状態に戻すことを意味します。
たとえば家具や家電の設置跡や、設備が摩耗・損傷した箇所を改修し、新築の状態に近づけるのがリフォームの目的です。
原状回復を目的としているため、工事の規模はリノベーションよりも小さなものとなります。
ただし、実際の不動産取引ではリフォームとリノベーションが混同されているケースも珍しくありません。
そのため不動産売却の際はリノベーションであるかどうかに関係なく、本当に必要な箇所のみを工事するのがポイントです。

この記事も読まれています|負動産を相続した場合はどうしたら良い?スムーズに手続きする方法を解説!

\お気軽にご相談ください!/

不動産のリノベーションにかかる費用とは?

不動産のリノベーションにかかる費用とは?

不動産のリノベーションにかかる費用は、工事の内容や広さによって大きく異なります。
目安の費用は、以下のとおりです。

マンション:1㎡あたり約10万円~17万円

マンションの場合、階数によっても費用が変動することがあります。
また、大幅なレイアウト変更や、造作建具・家具の有無、設備のグレードにも左右される点に注意してください。
工事費用の総額
専有面積60㎡の一般的な広さのマンションの場合、工事内容ごとの総額の目安は以下のとおりです。

  • 水回り設備:800万円
  • 間取りの変更:1,000万円
  • 断熱工事:1,500万円

特定箇所のみの簡易リフォームなら約100万円、大規模なリノベーションなら約1,000万円を見込んでおきましょう。

一戸建て:1㎡あたり約25万円

一戸建ては、マンションと異なり、増改築や減築も可能です。
また建物の外観も自由に変更できるため、実際にかかる費用は物件によって大きく異なります。
このほか、工事車両が出入りしやすい土地であるかどうかによっても、リノベーションにかかる費用は変動します。
なお、一般的な費用の総額は約400万円~2,000万円です。

リノベーション費用を抑えるときのポイント

少しでもリノベーションにかかる費用を抑えたい場合は、以下のポイントに気を付けながら工事内容を決定すると良いでしょう。
間取りを変更しない
間取りの変更は工数がかさむため、費用も高くなりやすい特徴があります。
とくに水回りの移動は配管の移設もともなうため、通常のリノベーションよりも費用は高くなります。
このほか、個室の設置も費用がかかる工事のひとつです。
壁や扉の設置に費用がかかるため、不必要に部屋を増やさないことが費用を抑えるポイントになります。
壁・床の素材を見直す
壁と床は面積が大きいため、コストのかかる素材を使用すれば、工事の総額も増大します。
たとえばコストのかからない素材を使用しつつも、塗装により自分好みの色や風合いを実現するのもおすすめです。
また、部屋によって内装にかけるコストを削減する方法もあります。
たとえば、リビングなどの人目につくような場所はしっかりとした素材を使用し、子ども部屋などすぐに汚れてしまう場所やベッドで床が隠れる寝室などは素材を変えて、コストを抑えるという方法もあります。
設備のグレードを見直す
設備はグレードやメーカーによって、価格の幅が広いのが特徴です。
とくにキッチンは、機能やオプションにより費用にも大きな差が生じます。
そしてバスルームは、組み立てが容易なユニットバスよりも、在来工法によるオリジナルな浴室のほうが費用も高くなりやすいです。
そこでシンプルな機能のものや、組み立てるだけのユニットバスなどを導入すると良いでしょう。
特注品・造作家具を避ける
特注品や家具は、作業が増えるため費用も高くなる原因になります。
そこで、なるべく既製品を使用できる空間作りをするのもポイントです。
また扉をつけないオープンな空間にすれば、建具にかかる費用を抑えることも可能です。
扉がないと開放的な印象を与えるため、室内を広く見せる効果も期待できます。

この記事も読まれています|負動産を相続した場合はどうしたら良い?スムーズに手続きする方法を解説!

\お気軽にご相談ください!/

不動産のリノベーションにかかる期間とは?

不動産のリノベーションにかかる期間とは?

不動産のリノベーションにかかる一般的な期間は、6か月~7か月です。
設計に3か月、工事に3か月程度を見込んでおくと良いでしょう。
マンションと一戸建てでは、どのような流れで工事を進めるのか注意点とともに確認していきましょう。

マンション

一般的な広さのマンションの場合、2か月~3か月が設計期間、2.5~5.5か月が工事期間です。
内装のリノベーションが中心なので、一戸建てと比較して工事期間は短くなることが多いです。
ただし工事にあたり、管理組合の承認を得なければなりません。
承認を得るまでに1か月以上かかることもあるため、施工会社と確認しながらスケジュールを組むと良いでしょう。

一戸建て

一戸建ての場合、2か月~3か月が設計期間、3.5~5.5か月が工事期間です。
そして耐震補強などの大掛かりな工事が含まれる場合、マンションよりも工事期間は長くなる傾向にあります。
また建物の構造(木造、鉄骨造など)によっても、リノベーション工事にかかる期間は変化します。
そして屋外作業をともなうときは、天候にも左右されやすいです。
そのため、梅雨や台風などで天候が荒れやすい季節には注意してください。

工事期間を短縮するときのポイント

リノベーションを依頼する際は、新築時の図面を用意しておくのがおすすめです。
工事にあたり、施工業者は筋交いや耐力壁の位置を確認します。
そのときに新築時の図面があれば、建物の形状や寸法、材料などを正しく把握できます。
もし図面がないと、外から叩いて筋交いや耐力壁の位置を予測するしかありません。
すると、図面を書き起こすための余計な作業時間がかかってしまいます。
場合によっては、工事内容の見直しを迫られることもあるでしょう。
さらに、図面の作成費用が発生することもあるため注意してください。

この記事も読まれています|負動産を相続した場合はどうしたら良い?スムーズに手続きする方法を解説!

まとめ

不動産におけるリノベーションとはどのようなものなのか、工事にかかる費用や期間とともにご紹介しました。
不動産売却の際も、工事費用や期間の目安を把握しておけば、売買交渉を進める際の参考になります。
私たち「ハウスドゥ 玉造駅前」では、大阪市で価格査定の依頼を受け付けております。
不動産売却前に、リノベーションするかどうかでお悩みの方もお気軽にご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-500-390

営業時間
9:00~18:30
定休日
水曜日

関連記事

売却査定

お問い合わせ