「囲い込み」にご注意下さい!




本日は、「囲い込み」について、お話をさせて頂きたいと思います。


ところで「囲い込み」という言葉を耳にした事はありますか?


「囲い込み」とは、売却を任されている仲介会社が、他の不動産業者からのお客様を入って来られなくする行為です。


どういう事かというと、ある物件を購入検討しているお客様がいる不動産業者Aが、その物件の売却を任されている不動産業者Bに内覧申込をすると、「今商談中なので内覧出来ません。」という風に断られてしまう事があります。

不動産業者Bはなぜこんな事をするのでしょう?

それは、不動産の仲介手数料のシステムが起因しています。


不動産の売買は、売主様、買主様が取引をする事で成り立っています。

例えば、不動産業者Aの買主様と、不動産業者Bの売主様で契約が成立すると、

仲介手数料は、不動産業者Aが買主様から、不動産業者Bが売主様から頂く事になります。


では、、もし、不動産業者Bが見つけてきた買主様でこの契約が成立するとどうなるのでしょうか?

そうです!不動産業者Bは、買主様と売主様の両方から仲介手数料を頂く事が出来るのです。

これを「両手仲介」と呼んでいます。


1件の契約で仲介手数料が2倍も違いが出るのです。

そのため不動産業者は、何とかして両手仲介をしたい。と思って活動しています。

これが、「囲い込み」です。


残念ながら「囲い込み」は今でも実際に行われています。

ハウスドゥ 玉造駅前は「囲い込み」をしません。

お話を聞いて頂ければ、何故なのかすぐに分かって頂けます。


売却を開始して、困られる前にまずは一度お気軽にご相談下さい!

大阪市の不動産売却ならハウスドゥ 玉造駅前にお任せ下さい!

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-500-390

営業時間
9:00~18:30
定休日
水曜日

関連記事

売却査定

お問い合わせ