【不動産売却×諸費用について】


こんにちは!ハウスドゥ 玉造駅前の桑野です。
今回は、不動産売却時にかかる諸費用について、お話をさせて頂きます。

不動産の売却には、一体何に、どのくらい費用がかかるのか、とても気になるところですよね。


購入時にも、下記の様な費用がかかったかと思います。


①不動産売買契約書に貼付する収入印紙代

②登記費用

③仲介手数料

④ローン保証料、事務手数料、収入印紙等住宅ローンにかかる費用

⑤固定資産税、管理費・修繕積立金(マンションの場合)等の清算金

⑥不動産取得税

⑦火災保険代


といったものがあり、およそ物件価格の約1割前後と言われています。


それでは売却時にかかる費用にはどんなものがあるのでしょうか。


①不動産売買契約書に貼付する収入印紙代

②抹消登記費用

③仲介手数料


といったものになります。

仲介手数料以外は、1~10万円程度ですので、諸費用にかかる費用は主に仲介手数料になります。


注意が必要なのは、売却価格が購入価格を上回り、利益が出た場合です。

売却で利益が出ると、非常に大きな税金がかかってきます。

しかし、税金の控除を受けて頂ければ、税金がかからなくなる事もあります。


ハウスドゥ 玉造駅前では、税理士と無料相談会も実施致しておりますので、ご安心下さい。


詳細をお聞きになりたい方は、お気軽にご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-500-390

営業時間
9:00~18:30
定休日
水曜日

関連記事

売却査定

お問い合わせ