ハウスメーカーが建てた家は売却しやすい?その理由と売却のポイントを解説

ハウスメーカーが建てた家は売却しやすい?その理由と売却のポイントを解説

この記事のハイライト
●ハウスメーカーが建てる家の種類は、注文住宅、規格住宅、建売住宅の3つに分けられる
●ハウスメーカーの建てた家は、技術力の高さや優れたデザイン性、アフターメンテナンスが保証されていることが売却しやすい理由である
●売却時に重要視されるポイントは、構造や工法、メンテナンスやリフォームをおこなっているかどうかである

ハウスメーカーで家を建てている場合、一般的に売却しやすいと言われています。
そこで、ハウスメーカーとは何かやハウスメーカーで建てた家が売却しやすい理由、また売却時に重要視されるポイントを解説します。
大阪市で不動産売却をご検討中の方は、ぜひこの記事をチェックしてみてください。

\お気軽にご相談ください!/

家の売却に有利?ハウスメーカーとは

家の売却に有利?ハウスメーカーとは

ハウスメーカーで建てた家は、一般的に高く売れる傾向にあります。
ただし、どの会社をハウスメーカーと指すのか、なぜ高く売れるのかわからない方も多いでしょう。
そこで、まずハウスメーカーとはなにか、またハウスメーカーの家の種類について解説します。

ハウスメーカーとはなに?

ハウスメーカーとは、自社でパーツや部材など建築資材を生産・設計・施工を規格化して、安定した品質の家を効率的に建てられる仕組みを取り入れている住宅会社のことです。
ただ、ハウスメーカーに明確な定義はなく、家を建てたり家を販売したりする企業の総称として使われています。
そのため、多くの企業が自社のことをハウスメーカーと呼んでいます。

ハウスメーカーで建てられる家の種類とは

ハウスメーカーで建てられる家の種類には「注文住宅」「規格住宅」「建売住宅」の3つがあります。
3つの種類の特徴は以下のとおりです。
注文住宅
注文住宅とは、設計からデザイン、間取り、構造まですべてを施主(建てる方)が決めることができる住宅のことです。
ハウスメーカーというと、この注文住宅のイメージが強い方も多いのではないでしょうか。
自分の好みや希望に合わせて建てられる住宅なため、もっとも自由度が高く理想のマイホームを建てることができます。
とくに、こだわりがある家を建てたい方にはおすすめの住宅です。
規格住宅
規格住宅とは、間取りやデザインがある程度決まっており、そのなかから組み合わせて建てていく住宅のことです。
パターンがいくつか決まっているため、自由度は下がります。
しかし、なかには一から決めるよりも選択肢があったほうが良いという方も少なくありません。
また規格住宅では、決まったベースのデザインや間取りから好みを選ぶだけなので、手軽さやスムーズに建築工事まで進めることができます。
メリットとして、注文住宅に比べて費用を抑えられ、完成後のイメージが掴みやすいことが挙げられます。
建売住宅
建売住宅とは、ハウスメーカーや建築会社が設計、デザインして建てた家のことです。
また一般的には建売住宅は、土地と建物のセットで販売されます。
注文住宅などと異なり、完成した家を見てから購入できるため、生活イメージが湧きやすい点がメリットです。
買主の希望は反映されていませんが、気に入ればすぐに住むことができます。
価格も注文住宅などに比べると安く設定されているケースが多いため、費用をあまりかけたくない方にはおすすめの住宅です。

▼この記事も読まれています
中古マンションはリースバックで売却できる?売却時の注意点も解説

\お気軽にご相談ください!/

ハウスメーカーの建てた家が売却しやすい理由とは

ハウスメーカーの建てた家が売却しやすい理由とは

冒頭でも触れたように、一般的にハウスメーカーで建てた家は売却しやすいといった特徴があります。
では、なぜ売却しやすいのか、その理由を解説します。

売れやすい理由①住宅性能や技術力が高いから

1つ目の理由は、住宅性能や技術力が高いことが挙げられます。
ハウスメーカーで建てた家は、構造・工法の計算がしっかりとおこなわれているため、住宅性能の優れた家を建てることが可能です。
パーツや部品などの建築資材は規格化されているため、どの住宅にも安定した品質を提供できるメリットもあります。
そのため、売却時の住宅性能の高さや技術力が評価され、高く売却しやすくなるのです。

売れやすい理由②優れたデザイン性

2つ目の理由は、優れたデザイン性であることです。
ハウスメーカーの家は、デザインや設計は専門のデザイナーがおこないます。
そのため、流行を取り入れつつスタイリッシュなデザインを作り出すことも可能です。
たとえば、家の間取りや建て方の流行、生活動線までを考慮した家を建てられるのが特徴です。
施主の要望も取り入れながら、優れたデザインの家を提供してくれるため、売れやすくなります。

売れやすい理由③アフターメンテナンスが保証されている

3つ目は、建てたあとのアフターメンテナンスが保証されていることも売却しやすい理由の1つです。
元々新築住宅は、住宅の品質確保の促進などに関する法律により、10年間は無償で保証することが義務付けられています。
しかし、ハウスメーカーは、20~30年間保証するケースも多く、なかには60年間の長期保証を付けている会社もあります。
このような保証が長く安心して住み続けることができる点も、ハウスメーカーのメリットです。
長期保証にくわえて定期点検や修理もおこなっているので、住宅の品質・価値も保たれ売却しやすくなります。

▼この記事も読まれています
【要注意】相続後に不動産売却する際の注意点とは?相続登記についても解説

\お気軽にご相談ください!/

ハウスメーカーの建てた家が売却時に重要視されるポイント

ハウスメーカーの建てた家が売却時に重要視されるポイント

売却しやすいと言われるハウスメーカーで建てた家ですが、査定時に重要視されるポイントがあります。

ポイント1:どのような構造・工法が用いられているか

1つ目のポイントは、どのような構造や工法を用いて建てられた家かという点です。
構造とは、建材の種類のことで「木造」や「鉄骨構造」「鉄筋コンクリート構造」があります。
工法とは建て方のことで、たとえば木造であれば「木造軸組工法」「木造枠組壁工法」「木質パネル工法」のことです。
これらの構造や工法は資産価値にも影響を与え、同じ面積の家でも構造や工法が違うだけで2倍以上の差がつくこともあります。
なぜなら、構造や工法の種類によって法定耐用年数が異なるからです。
木造の場合は20~22年であり、鉄骨構造の場合は19~34年、鉄筋コンクリート構造の場合は38~47年です。
一般的には、この法定耐用年数が長いほど資産価値が下がりにくく、売却時に高く売れる可能性があります。
もちろん、耐用年数を過ぎても住めなくなったり、売却できなくなったりするわけではありません。
しかし、売却時にどのくらいの耐用年数が残っているかは、査定を左右する大きなポイントになります。

ポイント②メンテナンスをおこなっているか

2つ目のポイントは、定期的な点検やメンテナンスをおこなっているかどうかです。
家を建てたあとも定期点検やメンテナンスをおこなっている家は、資産価値が維持できていることから高く売却できる可能性があります。
一方で、不具合や破損などをそのまま放置して修繕していない場合は、資産価値が下落している恐れがあります。

ポイント③リフォームしているかどうか

3つ目のポイントは、リフォームしているかどうかです。
定期的なメンテナンスにより資産価値は下がりにくくなるものの、それだけでは経年劣化を抑えることはできません。
毎日使って劣化している水回りや床、フローリングなどは、交換や床の張り替えなどの部分的なリフォームをおこなうことも大切です。
ただし、売却するためのリフォームは費用を回収できないため、あまりおすすめできません。
そのため、あくまでも生活を快適にするためや、資産価値を落とさないようにする目的と考えておくと良いでしょう。

▼この記事も読まれています
【メリット】不動産売却時にすべきインスペクションとは?メリットや費用を解説

まとめ

ハウスメーカーで建てた家は、一般的に高く売れる傾向があります。
その理由は、ハウスメーカーはアフターメンテナンスが保証されていたり、技術力・デザイン性が優れているからです。
定期的なメンテナンスやリフォームをおこなっておくと、資産価値の低下を防げ高く売却できる可能性があるでしょう。


-----------------------------

私たち「天王寺区・東成区不動産売却サポート」は、天王寺区・東成区を中心に大阪市の不動産売却をお手伝いしております。


大阪市での不動産売却・買取でお悩みのお客様は、ぜひご相談ください。


中古戸建・中古マンション・土地等、様々な不動産売却・買取査定のご相談を承ります。

特に現在は「マンション売却」に力を入れておりますので、マンションの売却をご検討中の方はお問い合わせいただけますと幸いです。


無料相談無料査定依頼もお待ちしております。



■天王寺区・東成区不動産売却サポートの会社概要はこちら

■天王寺区・東成区不動産売却サポートのお客様の声一覧はこちら

■天王寺区・東成区不動産売却サポートのお客様の不動産コラム一覧はこちら


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-500-390

営業時間
9:30~18:30
定休日
火・水曜日

関連記事

売却査定

お問い合わせ