リースバックの仕組みやメリットとは?リバースモーゲージとの違いも解説!

リースバックの仕組みやメリットとは?リバースモーゲージとの違いも解説!

この記事のハイライト
●リースバックとは、自宅を売却したあとに賃貸借契約を締結してそのまま住み続ける方法
●リースバックの大きなメリットは、まとまった資金を調達できるうえ、自宅を離れずに済むこと
●リースバックに似た制度、リバースモーゲージとは?それぞれのメリットやデメリットを比較

住宅ローンを組んで自宅を購入しても、返済が難しく、頭を抱えていらっしゃる方も少なくないでしょう。
その際はリースバックを活用すると、売却した自宅に住み続けることができます。
そこで今回は、リースバックとはなにか、仕組みやメリット・デメリットなどを解説します。
大阪市で住宅ローンの返済にお困りの方は、ぜひご参考になさってください。

\お気軽にご相談ください!/

自宅に住み続けることができるリースバックという仕組みとは?

自宅に住み続けることができるリースバックという仕組みとは?

リースバックとは、自宅を売却したあとも自宅に住み続けることができる仕組みのことです。
住宅ローンの返済が困難になったり、まとまった現金が必要になったりした場合は、自宅の売却を考えるかもしれません。
ただ、自宅を売却すると住む場所がなくなるので、悩んでしまいますよね。
リースバックはそのような悩みを解消できる方法なので、リースバックという仕組みを理解しておくことがおすすめです。

リースバックの仕組みとは

リースバックは、不動産の売却と賃貸を組み合わせた仕組みになっています。
リースバックをおこなう際は、以下の流れで進めます。

  • 自宅を売却して売却金を受け取る
  • 新しい所有者と賃貸借契約を結ぶ
  • 賃料を支払って住み続ける

このように、売却した自宅の新しい所有者と賃貸借契約を結ぶことによって、借主として自宅に住み続けられる仕組みになっています。
また、契約の内容によっては、一度売却した自宅を買い戻すことができます。
買い戻し特約が付いていると、売却先は一定期間転売ができないので、買い戻しを希望する場合は特約を確認しておきましょう。

リースバックがおすすめのケースとは

以下のようなケースは、リースバックがおすすめです。

  • 住宅ローンの返済を続けることが難しい
  • 老後の資金を確保したい
  • まとまった現金が必要になった

住宅ローンの返済を滞納すると、最終的に自宅は競売にかけられてしまいます。
競売になると通常よりも売却価格が低くなるうえ、残債は一括返済を求められ、生活の拠点も失います。
そのような事態になる前にリースバックを決断すると、競売になる心配も住まいを失う心配もなくなるでしょう。
また、リースバックは老後の生活資金を得る方法としても有効です。
「年金だけでは生活費が足りない」などの場合は、リースバックを活用すると、生活の拠点を変えずに現金を得ることができます。
急な病気や子どもの進学などでまとまったお金が必要になった場合も、リースバックを検討してみましょう。

▼この記事も読まれています
【2023年版】不動産を売却するときにおこなう「ホームステージング」とは?

\お気軽にご相談ください!/

リースバックのメリットとデメリットとは

リースバックのメリットとデメリットとは

リースバックの仕組みを理解したら、メリットとデメリットも確認しておきましょう。
リースバックにはメリットだけではなくデメリットもあるので、検討する際はどちらも把握しておくことが大切です。

リースバックのメリットとは

リースバックのおもなメリットは、以下の3点です。

  • 自宅に住み続けることができる
  • まとまったお金をスピーディーに受け取ることができる
  • 自宅を所有していることによって生じる出費やリスクなどがなくなる

リースバックを活用すると得られる大きなメリットとは、住み慣れた自宅を離れずに済むうえ、まとまった資金を調達できることです。
また、自宅の買主を探して売却すると通常3か月~半年ほどの期間がかかりますが、リースバックは申し込みから2週間~1か月ほどで現金を受け取ることができます。
そして、自宅を所有していることによって生じる出費やリスクがなくなることもメリットです。
自宅を所有していると、毎年固定資産税がかかります。
築年数が経つとさまざまな部分に故障や不具合が生じ、修繕費がかさむでしょう。
ほかにも、自然災害などによる破損で他人に損害を与えると所有者が責任を負うことや、将来価値が下がるリスクなどのさまざまな心配が生じます。
リースバックをおこなうと自宅の所有者ではなくなるため、これらの負担やリスクがなくなるでしょう。

リースバックのデメリットとは

リースバックの大きなデメリットは、家賃がかかることです。
家賃は売却価格の8~10%ほどで設定されることが多く、周辺の家賃相場よりも高くなる可能性があるので注意しましょう。
また、売却価格の目安は周辺の相場の60~90%ほどになるため、買主を探して売るより安くなる可能性があることもデメリットです。
そして、リースバックをすると自宅が資産ではなくなります。
すると、「自宅を子どもに遺せなくなる」「新しい所有者が決めたルールにしたがう必要がある」などのデメリットが生じます。

▼この記事も読まれています
【2023年版】不動産を売却するときにおこなう「ホームステージング」とは?

\お気軽にご相談ください!/

リースバックとリバースモーゲージの違いとは

リースバックとリバースモーゲージの違いとは

資金調達が目的で自宅の売却を考えている場合は、リバースモーゲージという方法もあります。
リバースモーゲージは、生活資金などの不足を補うことができる点はリースバックと似ていますが、2つの方法には違いもあります。
まず、リバースモーゲージの仕組みやメリットなどを理解しておきましょう。

リバースモーゲージの仕組みやメリットとは

リバースモーゲージとは、自宅を担保にしてお金を借り入れる方法です。
借入したお金と利息は、契約者が亡くなるか契約期間が終了したときに、担保にした自宅を売却して返済します。
リバースモーゲージのメリットは、自宅に住み続けながら資金を得ることができ、家賃もかからないことです。
年金とリバースモーゲージで得たお金で生活できると、手持ちの貯金を残しておけるので、万が一のときに備えることができて安心です。
ただし、リバースモーゲージには条件が多いので、利用したくてもできないことがあるかもしれません。
条件として多いのは年齢で、多くの場合は対象年齢が55歳以上です。
使用目的が老後の生活資金に限定されていたり、子どもが同居していると利用できなかったりすることもあります。
また、リバースモーゲージの利息を変動金利型にすると、金利が上がった場合に返済額が高くなってしまいます。
すると、契約者が亡くなったあとに自宅を売却しても、借入金と利息を返済しきれないかもしれません。
その場合は、相続人が残債を返済することになってしまうので注意が必要です。

リースバックとリバースモーゲージの違いとは

自宅に住み続けながら現金を得たいと考えた場合、リースバックとリバースモーゲージのどちらが良いのか悩むことがあるかもしれません。
そのときは、2つの違いを比べると選択しやすくなるでしょう。
リースバックとリバースモーゲージのおもな違いは、「家賃」「所有権」「借入」「資金用途」の4つです。
リースバックは、これら4点が以下のようになっています。

  • 家賃が必要
  • 所有権は移転する
  • 借入はなし
  • 資金用途は自由

一方、リバースモーゲージは以下のとおりです。

  • 家賃はかからない
  • 所有権は移転しない
  • 借入がある
  • 資金用途が決まっていることがある

ほかにも、リースバックは売却代金を一括で受け取りますが、リバースモーゲージは月々受け取る方法を選択できることがあります。
このような違いやメリットとデメリットなどを比べながら、ご自身に適しているほうを選びましょう。

▼この記事も読まれています
【2023年版】不動産を売却するときにおこなう「ホームステージング」とは?

まとめ

リースバックとは、自宅を売却したあとも家賃を支払って住み続けることができるサービスです。
住宅ローンの返済が困難になったときや、まとまった資金が必要になったときは、活用を検討してみましょう。
大阪市の不動産売却なら「ホワイトマルベリーホーム」へ。
大阪イチやさしいをモットーにスピード対応、高価買取を行っております。
無料査定も承っており、お客様にぴったりな売却方法をご提案しますので、お気軽にお問い合わせください。

大阪市でマンション売却したい方はコチラ!



-----------------------------

私たち「天王寺区・東成区不動産売却サポート」は、天王寺区・東成区を中心に大阪市の不動産売却をお手伝いしております。


大阪市での不動産売却・買取でお悩みのお客様は、ぜひご相談ください。


中古戸建・中古マンション・土地等、様々な不動産売却・買取査定のご相談を承ります。

特に現在は「マンション売却」に力を入れておりますので、マンションの売却をご検討中の方はお問い合わせいただけますと幸いです。


無料相談無料査定依頼もお待ちしております。



■天王寺区・東成区不動産売却サポートの会社概要はこちら

■天王寺区・東成区不動産売却サポートのお客様の声一覧はこちら

■天王寺区・東成区不動産売却サポートのお客様の不動産コラム一覧はこちら


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-500-390

営業時間
9:30~18:30
定休日
火・水曜日

関連記事

売却査定

お問い合わせ